読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書くって、どういうこと?

「ブログを書くといいことが沢山ある。」なんて福袋みたいなものの中身を確認するブログ。

ブログ開設一週間 PV数2000、心境色々。

ブログ開設から早くも一週間が経過。元々まめでない性格の割には「書く」ことを楽しみ始めている自分がいる。なので、ブログ一週間記念として、現状を色々記してみたいと思う。私もブログを書きながら、「他の人はどう思っているんだろう」なんて気になるから、この記事が他のブロガーさんにも参考になれば幸いだ。

 

 

また事前に伝えておくが、この記事にはブログを書く技術やPV数を稼ぐコツ等は書かれていない。なぜかというと書いている本人がまだそれらのノウハウに関しては何も知らないからだ。

 

とにかく、書いた。結果得たものや気持ちを綴る。

 

スタート地点

ブログ開設一週間と書いたが、正確に言えば、本当に何もかも分からずにはてなブログを開設し、はてなIDが本名だったため(笑)すぐにこれではだめだ、と気づいた。はてなIDは登録後はいかなる理由でも変更ができないらしい。全く不勉強からのスタートだったがために、すぐさまブログを移籍して、1からのスタートを切った。

 

移籍する前の数記事分のストックはあったものの、それらは初日に数PVを稼いだだけなので、ノーカウントとしていただきたい。

 

PV数

早速、気になる一週間のPV数。下記の通りの結果となった。 

 

f:id:is_panda:20160119022304p:plain

2016PV

 

2016年と同じ数字がとれたので、つい嬉しくでスクショしてしまった。

 

しかし2000という数字が開設後1週間のブログとして、多いのか、少ないのか。比べるものも明確ではないので、本人には分からない。自分も開設一週間だ、という人は是非教えてほしい。

この数字に対しては、アクセスしてくれている人々へ大変有り難いという気持ちと共に、もう少し頑張れただろ、という自責の念も感じる。

 

「ブログ 1週間 PV数」等でググるとすぐ表示される"開設一週間で10000PV"みたいなブログには当初から狙っていない。というより、狙えないのが分かりきっている。もちんなれるものならなりたい。いつかなりたい。

 

でも、私自身は今ブログのブの字も知らない人間である。人のブログもこれまで読んでいないし、自分は物書きには不向きだと思っている。時間に余裕もないため、「書く」というまめさを求められる行為、そして時に報われない行為に時間を割ける自信があまりなかった。

 

 

それでも書き続けてみる

継続は力だ。」というのは、何事にも共通して言える哲学だが、ブログ運営に関しては神髄と言ってもいい程、重要な力じゃないかと思う。これはまだ1週間分の浅い実感だが、きっと1年やっている人も、10年やっている人も、恐らく同じことを感じているのではないかと思う。

 

一週間。記事を書くのが面倒くさいと感じるたびに、他の人がどういうブログを書いているのかを勉強させてもらっていた。中には、「その話題をそう広げてくるか」と関心する発想だったり、「そういう考え方もあるんだなぁ」という深い考察。

あるいは、1行だけのブログ。3日でやめてしまうブログ。捨てられてしまったブログたちの残骸たち。

 

当然のことだが、本当に多種多様だと感じる。更に偉そうに書いてみると、ブログはおそらく長く続ける程、書き手を鏡のように映すし、そこに映った自分をみて書き手は育つのかもしれないとぼんやりと思った。改めて、ブログを書き始めた一週間前の自分の心境に立ち返ると、私は自分が何かを「書き”続ける”」という行為を通して、自分自身が変わることを期待していた。現在進行形だから、期待している。というのが正しいのかもしれない。成長とか、熟考力とか、そういう曖昧なものをブログを書くという行為に求めていたし、どう実感していいのかわからないが、それが私の成功報酬でもあるのだと思う。

 

そんな自分だからこそ、尚更3日限りのブログに意味はない。むしろその3日分費やした時間が無駄で無駄で。とにかくそれだけは嫌だった。自分が費やした昨日の数時間を無駄にしたくない。そんな一心でとりあえず今日も書いてみている。

 

そうこうしていたら一週間が経った。

 

 

ブログを書くのは向いている人とは限らない

先述した通り、私はブログを書くのには不向きな人間だと自負している。記事を書くのは面倒だし、面倒なことは切り捨てたい主義だ。ブログを1年後も書いているかは未だ半信半疑なのが本音だけれども、来週も多分書いていることは確信できる。そんな感じ。

 

じゃあ、ブログを3日でやめてしまう人は、どうしてやめるんだろう。

そんなことを思って書いた記事がこれである。

is-blog.hateblo.jp

 

んで、気づいた。

ブログを書き続けている人は、ブログを書くのに向いている人とは限らないということ。一見当たり前だけど、ブログをやめている人の大半が、やめるタイミングで「自分は向いていないし」と頭の中で言っていると思うんだよね。

 

でも、「ブログに向いている=続く」っていう方程式さえ崩壊してしまえば、自分がやめる理由も自ずとなくなってしまった。向いていない。それは認める。だからと言ってやめる理由にはならない。

 

 

これからどう書いていくか

このブログに対しては、実験的な意識がまだまだ強い。将来的にはアフェリエイト等も検討していきたいが、しばらくはひたすら何も考えずに「書く」ということをやってみようと思う。

 

ただ、PV数はちゃんと指標にしたい。

ブログを書き始めてすぐに、世の中が何に興味/関心があるのか、自分はこれほどまでに知らないのか。と気づかされた。ものすごい大きな学びだと思う。

 

しばらくは自分のために書くと言うよりは、愚直に「人が興味持ちそうなものを書く」スタイルで続けていきたいと思う。

【放送直前】解散報道の全貌 スマスマでは何が語られるのか

f:id:is_panda:20160118211720p:plain

国民的アイドルの連日の分裂・解散騒動に対して、ファンは気が気でなかっただろう。ようやく当メンバーたちから今後の展開や事情を聞ける時がきたようだ。

 

本日の「SMAP×SMAP」で

本日18日、放送予定のフジテレビ系バラエティー番組「SMAP×SMAP」で、メンバー5人が今回の騒動について、謝罪と存続表明をする。本来、本日の放送回に関しては、解散騒動が世に出る前に収録した分を放送する予定だったが、SMAP五人がレギュラーを務める唯一の全国放送番組ということもあり、急遽一部放送枠を生放送に切り替えたようだ。

 

このことについて、マスコミ各社に送られたファックスの文言は下記の通り。

「報道関係各位 平素より大変お世話になっております。

この度は弊社所属アーティスト『SMAP』に関する問題により、多くのファンの皆様、関係各社の皆様、そしてマスコミの皆さまを大変お騒がせ致しました事、深くお詫び申し上げます。 先週より報道されております騒動につきまして、社内協議を重ねました結果、今まで支えて下さっているファンの皆様をはじめとする、より多くの皆さまに5人のメンバーの口から直接、現在の心境を語らせて頂く事が、せめてもの誠意を尽くせることと考え、SMAPの5人がレギュラーを務めさせて頂いております唯一の全国放送番組でございます、フジテレビ系列「SMAP×SMAP」の1月18日(月)22:15~放送の内容を一部変更頂きまして、生中継にて5人の現在の心境を語らせて頂きたいと考えております。

尚、本人達の口からSMAPを支えてくださっている全国の皆様に直接お話をさせて頂きたいという意向での生中継でございます為、事前の内容に関するお問い合わせやご取材依頼につきましては、一切お答え、ご対応はできません事、予め御了承頂きたく存じます。またこの件に関する記者会見の予定もございませんので、あわせてご了承頂きたく存じます。 何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。」

 

 

メンバーはどうするのか

解散騒動では、当初木村拓哉だけがジャニーズ事務所に残り、メンバー4人が独立することでメンバーが分裂するとの報道がされていた。しかし、メンバー同士の話し合いを経て、4人は残留へと翻意。ジャニーズ事務所も残留を認めない姿勢から一転して、SMAPとしての活動を認める方針を固めたと17日に発表した。

 

そもそも解散報道は誤解?

SMAP 騒動長期化のワケ メリー副社長に謝罪なし「早く行っていれば」

今回SMAP程の国民的アイドルグループが分裂騒動を起こしたことは、まるで国家の一大事のような大騒ぎになった。しかし、何故いつまで経っても事態が沈静化しないのか、ハラハラとしたまま1週間という時が経ったのか。結果的にファンの間では、分裂や独立の話は何年前から出ていたのか。メンバー間(特に木村と他)の不仲説や、そもそもこの情報自体、昔やった演出。つまりデマ騒動ではないか、等様々な想像がされる一週間でもあった。

 

しかし、スポニチの発表によると、この解散騒動は世間に情報が出る前に既に当人の間では解決していたはずの問題だという。

 

SMAP分裂騒動が長引いた背景にはジャニーズ事務所と女性マネージャーの事情が報道されていたが、もっと具体的に言うとそこには「大きな誤解」があったらしい。”独立派”であるメンバー4人が、メリー喜多川副社長に直接謝罪にもっと早く行っていれば、このように世間を賑やかすこともなかったのかもしれない。

 

メリー喜多川副社長には、長女であり、ジャニーズ事務所藤島ジュリー景子副社長を次期社長に就任させたい意向があった。しかし、そこでジュリー氏と確執があるとされていた女性マネージャーの存在が問題となる。

 

このタイミングで、SMAPの契約更新時期前に女性マネージャーとSMAPを円満に独立させる話が持ち上がった。しかし、これに対しては木村に独立の意志がなかったため、一度独立の話は白紙に戻ったと思われた。

 

しかし、一方で女性マネージャーはジュリー氏との確執もあり、独立をしたい気持ちがあったのだろう。反対する木村さえ説得できれば独立できる、と独立工作を水面下で進めた。また、別でSMAPリーダーである中居も芸能界の重鎮へ円満独立の道を相談していたのだが、このことを聞きつけたメリー副社長には、女性マネージャーが”裏切り行為”をしていると認識され、女性マネージャーも生き残りを懸けて、激しく立ち回ることとなった。結果的に自体は複雑化していき、更なる悪化を遂げる。メンバー4人は独立どころか、事務所に戻ることもできない状態に一度なったが、中居が相談していた重鎮が「事務所に戻してやっていただけませんか」と依頼。メリー副社長も一度は断ったものの、メンバーが謝罪に来るならば、と受け入れの姿勢に転換した。

 

これで事態は収束すると思われた。既に昨年末の話だ。分裂騒動が発覚する1週間前の1月6日にはすでに中居と木村は今後も一緒にやっていく方針でまとまっており、女性マネージャーとの話し合いも行ない、独立に対するメンバーの考えの違いはあるものの、互いの不信感は解消されていた。

 

しかし、メリー副社長からすれば4人が直接謝罪にくるはずのものが、待てど待てど会いにこない。メンバー4人の方も、そもそも独立工作をした意識がないため、罪の意識もなく、行動に移すことはなかった。

 

それがこの分裂騒動が大事化した背景であるらしい。

 

騒動後、誤解を解くため木村がメリー副社長に電話したことにより、事態は再度好転。あとは4人がなるべく早く謝罪に行く事がグループ存続の一歩となることだろう。

 

 

SMAP×SMAP」では何が語られるのか

事態を見るからに、国民的アイドルグループの衝撃的な分裂劇は見ずに済みそうだ。しかし、この騒動に対してメンバー一同がどのように認識し、ファンに対してどのような言葉を投げかけるのか。本日夜放送のSMAP×SMAPからは目が離せそうにない。

 

【本日】SMAP存続に向けて緊急会見か?

f:id:is_panda:20160118080611j:plain

解散騒動が日刊スポーツ一面に掲載されてから一週間、現在SMAP存続に向けての動きが大きくなっている。一部報道によると、本日解散にまつわる会見が行なわれるとのことだ。

 

SMAP×SMAP」で緊急会見?

f:id:is_panda:20160118080449g:plain

フジテレビで毎週月曜日放送されている「SMAP×SMAP」はご存知の通り、豪華ゲストや人気料理コーナーなどで高視聴率を誇るSMAPのバラエティ番組。解散報道がされてから初めての放送回となる。

 

通常スマスマは週に2回、 水曜日と木曜日に収録を行なっているようで、 1月18日放送分は昨年末か今年の1月上旬のどちらかで収録されたものが放送される予定だ。これは今回放送分に関してはまだ解散報道がでる前に収録したものを予定していたことを意味する。

 

しかし、通常の番組内容を変更してSMAP5人が生放送で記者会見を開くのではないかとの噂もされているため、今回のスマスマに多くのファンが注目を集めているのは間違いなさそうだ。もし番組内容が変更された場合、メンバーがこの解散報道に関する現状を語るのではないだろうか。

 

解散報道の最新状況

解散にまつわる一連の報道を総合すると、当初は木村拓哉だけがジャニーズ事務所に残り、残り4人中居正広稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾は独立するとの方針だったが、木村がメンバー全員に直接電話をかけるなどの働きかけをした結果、グループの解散は回避される方向に転換していると一部で報道されている。事情を知る大手芸能事務所関係者は下記のように語っている。

 

SMAPメンバー内でカギを握る木村と中居が、周囲の忠告などの影響もあり解散回避を決心したことで、どのようなかたちであれ『解散はしない』ことが決定的となったようです。SMAPが今後もグループとして継続する場合、選択肢としては2つあります。ひとつは、中居ら4人の独立が撤回され、ジャニーズに残ってこれまで同様に活動を続けるパターン。もうひとつは、SMAP全員が別の事務所に所属するパターンです。SMAPはどちらの形態になったとしても、グループの存続を最優先にする方針を固めたようですが、ジャニーズのメリー喜多川副社長は中居らの残留を固くなに拒んでいるため、後者になる可能性が高いです」

 

解散を阻止しようと働きかけていたファン一同は、少し希望を取り戻していいだろう。また、上記の話によるとSMAP一同そろって別の事務所への移籍となる可能性が濃厚であり、その場合の移籍先としても既にいくつかめぼしい事務所がいるとのこと。

 

 「実はすでに、ある大手事務所グループがSMAPを引き受ける意向を示しています。今回一連の騒動で明らかとなったのは、SMAPは解散しようにも世間がそれを許さないほどの存在だということです。そもそもビジネス的にみても、SMAPはグループの活動だけで年間200億円以上の収入をもたらすともいわれており、これに各メンバーの活発なソロ活動の分も加わる。そしてなんといっても、デビューから25周年を迎えた現在でもライブツアーで100万人以上を動員するほど人気は盤石。こうしたさまざまな条件を勘案して、事務所としてはSMAPを抱えることによるデメリットよりもメリットのほうが大きいと判断したようです。いずれにせよ、SMAPはジャニーズを離れてもグループとしての活動を続けることが可能になりました」

 

【SMAP解散】木村とさんまが解散騒動について語る

f:id:is_panda:20160116233928j:plain

SMAP解散の噂が流れてから数日経ったが、未だメンバーの行く末について、決定的な報道はされていない。しかし、事務所側から発表されている下記のコメントの通り、現在解散に対して現実的な協議がされていることが多方面から確認できるようになってきた。

 

一部報道機関により、SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネージャーの取締役辞任等に関する報道がなされました。たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできません。

 

そのことについて、言及をしている場面を紹介する。

 

木村拓哉がラジオで語る

f:id:is_panda:20160117002026j:plain

 

15日(金)11時に放送されたTOKYO FM「木村拓哉のWhat’s up SMAP」で、木村拓哉が解散の噂について言及をした。メンバーがこの騒動について言及するのは初めての場となる。このラジオ自体、普段から木村がプライベートなことまで話すことで知られており、それだけに事前からこの騒動についてのコメントがあるのではないかと、ファンの中で注目を集めていたものだった。

 

番組冒頭で「今日はまず最初に、今週いろんな報道が出まして。皆さんのことを何かとお騒がせしていますが、ちゃんといつか自分の言葉で話せる時が来たらこのWhat’sでお話させていただきたいと思います」とコメント。解散騒動に関する、具体的な状況には詳しく触れないものの、「間違いなく自分はここWhat’sのキャプテンとして、聞いてくださっているみなさんは乗組員として、変わらず乗組員はキャプテンを信じてついてきてください」とリスナーへ呼びかけた。

 

木村と言えば、メンバーの中で唯一独立の道を選ぶと報道されている。メンバーとの関係性についても、この解散騒動を経てから「SMAP内いじめ」「キムタクが現場で無視されている」等の情報も噂されるようになったが、 真偽はわからないものの緊張感のある現場となっているのは想像が易い。

 

また、現在SMAPメンバーから解散騒動について言及された場としては、この木村のラジオのみとなっている。逆に言い換えると、他のメンバーはこの件に関しては触れずに来ているということだ。

 

14日にテレビ朝日「グッド!モーニング」、「羽鳥慎一モーニングショー」、「ワイド!スクランブル」に生出演した草薙剛や、同日放送された文化放送稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」に出演した稲垣吾郎は、この騒動については触れずに番組を終えた。

 

 

さんまは2ヶ月前から知っていた?

f:id:is_panda:20160117001959j:plain

お笑いタレントであり、芸能界の情報通でもある明石家さんまも16日、MBSラジオの「ラングタウン土曜日」で、SMAPの解散の噂について2ヶ月程前から知っていたことを明かした。

 

さんまと言えば、SMAPとの交流も多く、特に木村拓哉とは「親友」と言っていい程の仲の良さである。木村とさんまは、新春バラエティ番組『さんタク』で10年間もの年月、共演している。

 

結果、国民的アイドルとお笑い界の大御所という一見ミスマッチに見える組み合わせでも、お互いの魅力を引き出しながら、面白く、芸のある番組を育てえてきている。木村もさんまのことをプライベートでも「おじき」と呼んでおり、さんまは夜遅くに木村に電話をかけてきて「今、(木村の)家の前におるんや」と“トコブシの煮付け”を持って来てくれるようなところがあるのだというエピソードも語っていた。

 

そんな強い信頼と尊敬のある双方の関係の中で、木村がこの騒動についてどこまでさんまに相談しているかは分からないが、さんまは「結論は世間も知らんし、私もどうなっていくことやら、ほんとに知らない。」と語った。

 

 

f:id:is_panda:20160117004007p:plain

また、さんまはラジオ内で、年末にSMAPと共演した日本テレビ系の「さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマス」について、「とんでもなくやりにくかった。みんな悩んでいたんでしょう。放送局も事情を知っていたのか、企画がゆるかった」と振り返った。番組最後、さんまが「また来年」と締める場面では、木村が冗談のような口調で「(来年)あんのかな…」と呟いていたことも内心ひやひやだったらしい。

 

 

またさんまは、解散発表の時期についても言及しており、「紅白で発表するのかとか、この2カ月は僕も振り回された」とコメントした。つまりさんまは2ヶ月前には既に解散の可能性について、何らかの方法で知らされていた様子だ。

 

SMAPを長い年月みてきた立場から、「本人たちもかわいそう。今も結論出ていない。国民的アイドルがこんなことなるなんて」と思いやる一方で、今回の解散騒動の背景にある芸能界の事情については「マネジャーと事務所、双方正しい。一方が間違っているということはない。芸能界に生きていると大変。結論が出てから言うわ」と、問題が複雑であることを指摘した。

 

 

wadainews.hatenablog.com

【速報】バルス祭り35万ツイート?タニタとの対決の結果は?

f:id:is_panda:20160116002334j:plain

 

今年1発目のバルス祭り、終了しましたね。

皆さんツイッターばかり見てないで、ちゃんとシータとパズーを見てましたか。

 

さて、気になるバルス祭りのツイート数の結果と、タニタ食堂が叩き付けた挑戦状の行く末を最新情報で見ていきましょう。

 

瞬間最大は35万ツイート?

20時40分時点のついっぷるによると、今年のバルスの1秒単位で見る最高ツイート数は、バルス事案発生時の23時23分頃の25万1760ツイートだったようです。前後の時間を含めると40万近いツイートを累計していると表示されており、現在も更新中です。

f:id:is_panda:20160115235830p:plain

 

ただこの情報は少し曖昧に感じるので、他のソースも見てみましょう。

 

NTTデータの提供するツイートから「いま」を見るニュースサイト「イマツイ」では、OA中の累計「バルス」ツイートを統計しています。バルス発生前の時点で既に50万ツイート近いとの数字を出していましたが、先ほど放映終了にして累計140万の「バルス」ツイートがあったことを発表しました。

imatsui.com

 

また、イマツイによると瞬間最大ツイート数は35万ツイートとの統計表が発表されており、いずれにせよ例年を遥かに上回る規模の祭りになったことは間違いなさそうです。 

 

f:id:is_panda:20160116001347p:plain 

バルスvsタニタの結果

気になる株式会社タニタとの対決です。放映中も多くの人が自分は「バルス派」と「タニタ派」どちらにつくか、白熱した議論を繰り広げていました。

 

※対決の詳細は下記を記事ご覧ください。

タニタが「バルス」に挑戦状 負けたら社名を1日「バルス」に - ブログを書くって、どういうこと?

 

結果がこちら。

f:id:is_panda:20160116000107p:plain

f:id:is_panda:20160116000115p:plain

 

バルス発生時間の最大ツイート数は1万6740ツイート。これは大きな差がでましたね。。。およそ15倍の差をつけて「バルス」の圧勝だったようです。

 

ここで、再度株式会社タニタが”負けたら”行なうとしていた約束がこちらです。

 

一日会社名を「バルス」にします。

 

ただ、実はすでに「株式会社バルス」は実在します。

これでは一日と言えど、名前が被ってしまう。

株式会社バルス(BALS CORPORATION)

 

 

何はともあれ、タニタさん。

お疲れさまでした。

 

 

 

 

その他

非常に興味深いですが、「バルス」の瞬間を動画におさめたツイートも見かけました。目にも留まらぬ早さ。これぞ、祭りのなせる技ですね。

 

【放送直前】放送開始前までに「バルス」43万ツイートを記録

f:id:is_panda:20160115211553p:plain

 

さて、今年最初の「天空の城のラピュタ金曜ロードショー、すなわち「バルス祭り」が幕を明けた。

 

今年は日テレがバルスの時間を予測する特設サイトを開設したり、バルス禁止ツイートの噂が拡散したり、はたまたタニタ食堂のような企業がバルスに挑戦状を叩きつける等の異例の事態も発生しており、若干”飽き”モードも見え隠れしていた祭りに新たな風が巻き起こりそうだ。

 

また、タイミングとして、ベッキーの不倫騒動の渦中にいるゲスの極み乙女。川谷絵音がMステに出演していたり、目が離せないSMAP解散の噂を木村拓哉が11時からのラジオで話すのではないかと、裏番組的な他の勢力も強そうだ。

 

NTTデータが運営する”ツイートから「いま」が見えるニュースサイト”「イマツイ」の編集部も、張り付いて実況を行なう様子。当ニュースサイトによると、1/15 20:30時点で既に累計43万の「バルス」ツイートがされているようだ。

imatsui.com

 

ジブリの名作を落ち着いてみたい気持ちの一方で、この祭りの行く末にも目が離せない。

タニタが「バルス」に挑戦状 負けたら社名を1日「バルス」に

バルス祭りの市場効果は凄まじい。

 

今夜15日から2週連続でジブリの名作「天空の城ラピュタ」が金曜ロードショーで放送される。過去に「天空の城ラピュタ」が金曜ロードショーで放送される度、2011年放送時2万ツイート、2013年放送時14万ツイートとギネス記録を上書きする勢いで「バルス祭り」が開催されてきた。 

 

バルス祭り」とは主人公パズーとヒロインシータがムスカ大佐に追い込まれた終盤のシーンで、詠唱する破滅の呪文を、同タイミングにてツイッター民がつぶやくお祭りのことだ。

 

1秒間でのツイート数がこの瞬間に急激に集中することによって、ツイッターのサーバーが落ちるイベント(むしろツイッターのサーバーを落とすイベント)としても知られている。

 

また、流石にバルス祭りも「恒例」が板についてきたことにより、今年から日テレがバルス祭りの時間を予想する特設サイトを解説。何となく、公式にそれをやられてしまうと、興ざめしてしまう反面、これまでに当祭りに参加してこなかったツイッターユーザーの参加も増えることが見込まれる。

 

balus-yosou.jp

 

芸こまだが、この特設サイトのソースコード上にバルスの文字が隠されていたり等、遊び心満載のサイトでもある。

 

バルス祭り特設サイトのソースコード

f:id:is_panda:20160115180316j:plain 

そして、今年からはなんとこのバルス祭りの最中、「バルス」に挑戦状を叩き付ける勇者が登場した。

 

挑戦者は体脂肪計の「タニタ

 

株式会社タニタは、東京に本社を置く体重計等のメーカーで「我々は、「はかる」を通して世界の人々の健康づくりに貢献します。」という理念を掲げている。体重計だけでなく、”肥満の予防のNo.1トータルサポート企業を目指している”だけあって、低カロリーご飯を食べられるタニタ食堂を丸の内でオープンし大成功を納めたり、「行列のできる500kcalのまんぷく定食とお弁当」はレシピ本として異例の売上累計485万部を突破している。

 

また、このレシピ本が引き起こした社会現象をネタに、2013年には「体脂肪計タニタの社員食堂」というコメディ映画まで制作され、たかが体重計メーカーと言えど、茶目っ気たっぷりのマーケティング戦略により多くのファンの心をわしづかみにしている。

 

  

 

何故、「タニタ」が「バルス」に挑戦?

さて、この体重計のタニタだが、何故今回バルス祭りに挑戦状を叩き付けたのか。

流石に、頭とお尻の頭文字の共通点で、SMAP解散にかこつけた某メーカーのように、カタカナ三文字だし♪」というノリではない。

 

それは、2015年のM1グランプリに遡る。

12月に行なわれたこのM1グランプリでは「タイムマシーン3号」があらゆるものを太らせる力と痩せさせる力が対決するネタを披露しした。そのコント内の最後に滅びの呪文として唱えられたのが「バルス」ならぬ、「タニタ」だったのだ。

 

誰でも痩せてしまう滅びの呪文「タニタ」!!

 

 

これも一重に、これまでのタニタのユニークなマーケティング戦略が成したネタだとは思うが、このネタにタニタの公式ツイッターもすかさず反応。

 

さらには、次回の金曜ロードショーで挑戦する伏線まで、はっていたのだ。

 

 

負けたら社名を1日「バルス」に

この伏線を見事回収したツイッターの”中の人は”、きちんと上長にも確認を取ったうえで、この挑戦状を叩き付けた。

この”とにかく明るい安村”風の言い回しと、きちんと許可を出す上長に、タニタ食堂の社風が伺える。

 

 

また、タニタは勝負に勝ったら3つの願いごとを叶えるとのことで、現状破滅の呪文”タニタ”セット限定販売」「ラピュタパンを作る」「”君をのせて”体重系作成」を約束しています。負けた際は社名を一日「バルス」に変更するとのこと。

 

これほどタニタさんと仕事をしていたかったと、切実に感じた日はない。一緒に仕事をしていたら、負けた暁には仕事の要件とかこつけて

 

「お世話になっております。株式会社バルスです。」と言ってもらえるのだ。

 

負けたら、その一言を聞きたいがためにサポートセンターは大混乱かもしれない。

 

 

タニタの予想は「23時15分02秒」

ちなみにタニタ公式アカウントは日テレの「バルス時刻予想」に対して、23時15分02秒と予想している。

 

 

 

 今回のバルス祭りは、対抗勢力の登場により例年とは違う流れになりそうだ。

ジブリの名作よりスマートフォンに目がいってしまうのも仕方がない。