ブログを書くって、どういうこと?

「ブログを書くといいことが沢山ある。」なんて福袋みたいなものの中身を確認するブログ。

ブログが続かない人はこれを読んで気を休めたらいい

f:id:Izumi_Tsuchiya:20160109201112j:plain

 

今年の目標の一つ、女子力向上のために早速、料理教室に通い始めました。初回からたらふく食べさせられて太りそう、料理はしていない。いずぱんだです。

 

ブログってぶっちゃけ書くのがめんどくさい。1日1記事書くぞー!って掲げた目標も、すぐに今日はいいんじゃないかな、なんて自分の中の悪魔がささやくものです。

 

 

見渡すと、三日坊主で飽きて捨てられたブログの残骸がネット上にとにかくわんさか沢山ある。すなわち、皆ブログは3日くらいで脱落する。

 

これはなんでなんだろう。なんでめんどくさくなっちゃうんだろう。始める時はあんなに書こう!と意志を固めたのに、その決意とはどこで決別してしまったんだろう。

 

 

という訳で、冷静に自分がめんどくさいと思っている理由を考えてみましょう。

 

「自分はブログを書くのに向いていない」と思い込む

f:id:Izumi_Tsuchiya:20160109195903j:plain

自分もまさに書きながらこのモードですが。笑

ブログを中断している人の7割がこういうタイプなんじゃないかな。正しく言うと、ブログを中断している7割の人が、この言い訳を便利に使っているのかもしれません。

 

この中にも、更に分類があって

 ①書いてみたら、自分には文才がないって気づいた

 ②書いてみたら、自分は面白くない人間だと言う事に気づいた

 ③書いてみたら、自分には書きたいネタがないことに気づいた

 ④書いてみたら、自分にはブログを書いている時間なんてないと気づいた

 ⑤書いてみたら、自分はそもそも人に発信したいなんて思ってなかったことに気づいた

複数選択可)

 

っていう感じじゃなかろうか。

 

そんなことって書き始める前から分かってたでしょ!

そんな自分を変えたい!と意気込んで、はてなブログを開設したんでしょ。

  

そんな人はこの人の記事を読めばいいと思う。

個人的には、こういう人が好きだ。ブロガーに向いているキラキラした人間じゃないとブロガーになれない、なんて幻想だ。偏見だ。固定概念だ。

orangestar.hatenadiary.jp

 

ブロガーに向いてないあなただから、書けるものがあるんじゃないのかい!

 

ブログの可能性に絶望した

f:id:Izumi_Tsuchiya:20160109200335j:plain

ブログを書く事によって達成したことがある場合、

例えば、

 ①副収入が欲しい

 ②何かを広報したい(自分のサービスや製品)

 ③仕事の幅を広げる

 

 

その場合、ブログ1週間目くらいから、ブログを書き始める時に抱いていた期待値と、1週間経って見えてきた効果との乖離に耐えられなくなります。特に「自分ならもっとアクセス数が稼げる」や「ブログを始めれば、今よりずっと自分のサービスを人に見てもらえる」と最初に期待している程、何のためにこんなめんどくさい作業をしているのかわからなくなりがち。

 

私は自分がブログを書くことで達成したことは、そんなに外在的にはないけれど(どちらかというと自分のため)、それでもやっぱりアクセス数を気にしては落ち込むし、収入が欲しいと夢見るし。

 

石の上にも3年とは言いません。

とりあえず3ヶ月の効果を見て判断したいところ。

 

 

ブログを書く頻度を決めていない

f:id:Izumi_Tsuchiya:20160109200705j:plain

これは単純に基礎的「継続力」の問題。

ブログって書くのめんどくさい。書き始めるのもめんどくさいし、書いてみると思っていた以上に、更にめんどくさい。 書いてみても、達成感そんなにないし、更に更にめんどくさい。

 

それだけめんどくさいことを続けようと言うのだから、

自分でブログを書く頻度を決めなければ絶対続きません。

 

だって「ブログ書きたい気分になったら書く」というのは、まぁ、不定期更新のブログさんならいいかもしれないけど、ちゃんと続けたい!自然消滅になりたくない!っていう人はそりゃ続かないでしょ。

 

 

まとめ 

とりあえず、今日書いてみ。 やめたいなら、明日にしときなさい。