読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書くって、どういうこと?

「ブログを書くといいことが沢山ある。」なんて福袋みたいなものの中身を確認するブログ。

ブログの記事は絞るべきvs自由に書くべき

f:id:Izumi_Tsuchiya:20160110015148j:plain

 

ブログ初心者が一度は通る「ブログの記事は絞るべきなの?どうなの?」という悩み。

もちろんブロガーの性格に依存するものだから、どっちが良いという話ではないけれど、

著名なブロガーさん達の意見を比べてみた。

 

王道、テーマは絞るべき派

メリット

・読者(リピーター)がつきやすい。
検索エンジン上位に表示されやすい。
・深い知識や専門性が出て、情報の質が高まる。
・広告をテーマに最適化できる。
・テーマに最適化されたデザインにできる。
・収入やアクセス数を得やすい

デメリット

・自分が扱っているテーマ以外のことが書けない。

・ネタ切れが起こりやすい。

・始めづらく、続きづらい。

 

また、ブログのテーマは絞りたいけど、書きたいテーマは複数ある。

というタイプは1ブログ1テーマで複数のブログを運営するやり方をする。

継続こそ力、自由に書くべき派

 

メリット

・記事が増えやすい。

・読者が累積される。

・記事の管理がカンタン。

・書きたいことを書ける。

・自分を出しやすい。

・続けやすい。

 

デメリット

・内容が薄くなる。
・読者がつきづらい。
・成果を出しにくい。

 

まとめ

「ブログテーマを絞る」はアフェリエイトブログの定説。

収入やアクセス数など、定量的成果を求める人はテーマ数を絞ったほう断然いいだろう。

その分、「このことなら100記事書ける!」というメインテーマを見つけ、それを一途に継続する忍耐力も必要。頑張れば効果が出やすいので、一度軌道に乗れば長期的に安定して続くタイプでもあるんじゃないだろうか。

 

成果よりも、まずは自分が書きたいから書く。という人は、絞らずに気ままに書く方が、結果としてブログが長く続くだろう。アフェリエイトの効率単体でみると、遠回りかもしれないが、自分のモチベーション管理も含めると急がば回れ。という考えも多いに理に叶っているように思う。